着物を着る事が いじめの対象に・・・?

3月の娘さんの小学校の卒業式に 母親が
着物を着て参列すると、その子供さんが
いじめられる・・・・

こんな悲しいお話を聞きました。

知人より着せつけの依頼を受けて、ほどなく断りの連絡があり、
親しかったので、理由を聞いたら 娘さんから打ち明けられたとの事です。

小学校を卒業しても、中学校まで引きずるらしい・・

こんなことで、我慢して気を遣って、子供が可哀そう

何でもそのいじめッ子は
友達の中で一番先にブランドの洋服は
着ないとだめ・・、自分の持ってない文具を
持っている子をいじめる・・等々、
みんな 腫れものにさわるように、気を遣って
接しているみたいです。
その子の母親は 人前では「うちの子は少し気が強いので、気がついたら
叱ってやって下さい」と言われるみたいです。

社会や地域の人も子供を
教え導かないといけない事はよーくわかりますが、
我が子を導くのは、まず親でしょう。

母親が着物をまとって 卒業式に参列することの
真の意味を、母親が子供へときちんと伝えられない事からくる
悲しい事柄です。

何も華美でも自慢でもありません。
卒業式というセレモニーの場は子供にとっても、親にとっても特別な日なのです。
ハレの日なのです。
礼装の着物を装う事はお世話になった先生方、学校 関係者の方々に
きちんと礼を尽くす、表現の一つなのです。
けじめでもあります。

洋服を否定しているのではありません。

世界に誇れる日本文化の一つです。日本人よりも外国の方々の方が
着物の素晴らしさに注目しているのに・・・
学校教育の場で 着物の事を勉強できたらいいのに・・・と思います。

サッカー なでしこジャパンの澤選手の振袖姿が注目されました。
日本人らしさを表すには着物がぴったりだと、お話されていました。

きっと先ほどのいじめっ子は羨ましさの裏返しで、そのような行動に出るのでしょう。
お母さんに着物を着て欲しいのだと思いますよ。

おけいはんは着物を身にまとうことから感じる、精神的な意味も、どのように伝えられるか
試行錯誤しながら、表現して行こうと思います。

もう子育ては終わってしまった おけいはんにとって、ちょっとショックな事でした。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

でぶできもの
2012年01月17日 18:45
はじめまして。
おけいはんさんのブログで思い出した事があります。
思いだしたというより、ずっと言いたかった事です。
私は呉服屋で、きもの生活をしている者ですが、
20年前息子が幼稚園時、先生から
「お母さんが送り迎えの時きものを着ているので、
息子さんがいじめられています。
送り迎えの時は、洋服にしてもらえませんか」

言葉がありませんでした・・・
もちろん私はきもので通しました。
だって、きもので商いをさせてもらって
息子を育てているのですから・・・。
おけいはん
2012年01月18日 22:15
はじめまして。
でぶできものさん、コメントありがとうございます。
すでに20年も前に、経験されていましたか・・・
私は、着物に興味を持ち始めて、着始めたのが
同じ20年前ですが、初めて着物を自力で着て、
お出かけした時に、地元の中学校の教室から、
大きな声で、はやし立てられ、嘲笑された事があります。その時は、あまり気にならず、知らん顔して通り過ぎましたが、ちょっと悔しかったのを覚えています。
教育現場にいる先生方は表面的な所だけを見て、対処するのではなく、もう少し深く考えて、子供たちとしっかりと対話して、欲しいですよね。子供は知らないだけなのですから・・・

この記事へのトラックバック